2017.12.23 08:30

津波避難タワーにタイムカプセル 高知県黒潮町の佐賀中学校

タイムカプセルを閉じる生徒ら(黒潮町佐賀)
タイムカプセルを閉じる生徒ら(黒潮町佐賀)
 高知県幡多郡黒潮町佐賀の佐賀中学校の全校生徒60人が21日、近くの佐賀地区津波避難タワーに50年後の自分に宛てた手紙などを収めたタイムカプセルを設置した。

 防災への意識を高めようと、同校と町の防災活動をサポートしている京都大学防災研究所が企画した。生徒らは「地震が起きたときにはすぐに逃げられましたか」「60歳になっても無事でいてください」など、南海トラフ地震の発生を考慮したメッセージを書いて木箱に入れた。7月に合同の避難訓練をして以降、交流が続いているメキシコ・シワタネホ市の中学生約100人分の手紙も同封した。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会政治・経済教育幡多


ページトップへ