2017.12.22 08:15

伊方原発停止で異議申し立て 四電社長「承服できず」 広島高裁

「広島高裁の決定は極めて不本意だ」と話す佐伯勇人社長(21日午後、高松市の四電本店)
「広島高裁の決定は極めて不本意だ」と話す佐伯勇人社長(21日午後、高松市の四電本店)
 四国電力は21日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた広島高裁の仮処分決定を不服として、異議と仮処分の執行停止を広島高裁に申し立てた。高松市の四電本店で会見した佐伯勇人社長は、熊本県の阿蘇カルデラで起きる巨大噴火のリスクを重視した高裁決定について「到底承服できない。早期に決定を取り消してもらえるよう主張、立証を尽くす」と述べた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ