2017.12.19 08:00

小社会 今から1300年以上前、飛鳥時代の日本にパンダが…

 今から1300年以上前、飛鳥時代の日本にパンダがいたかもしれない。黒柳徹子さんが「パンダ通」にそう書いている。この説、東京・上野動物園の情報サイトにも載っていて、唐の女帝がつがいの2頭と毛皮70枚を天皇に贈ったという。

 事実なら中国の「パンダ外交」もずいぶんと歴史が古い。ただし確証はない。日本書紀で該当するとされる箇所には北陸地方の将軍、阿倍比羅夫が北方へ遠征し「生羆(しくま)」2頭と毛皮70枚を献上したとある。

 数字は合うが、外交と征討とでは大違い。生羆はヒグマを指す。可能性は低そうな気がする。けれど「桜が咲き、けむりのたなびく飛鳥の里にパンダの姿、なんて、想像するだけでも楽しいと思いません?」と黒柳さん。

 いつの時代にも人を魅了してやまない。それがパンダ。上野動物園でことし6月に生まれたジャイアントパンダの子どもシャンシャン(香香、雌)が、きょうから一般公開される。

 丸いお尻を振って丸太に登ったり、ひっくり返ってごろごろしたり。テレビ画面を見ているだけで頬が緩む。来年1月末まで観覧は抽選制の狭き門。それでも今しか見ることのできない愛くるしい姿に、心癒やされる人は多かろう。

 いっそのことどうだろう。各国首脳がパンダを観覧しながら話し合うパンダ外交を行っては。角突き合わせ神経をすり減らす空気が和らいで、難題にも妙案が生まれそうな気がする。


12月19日のこよみ。
旧暦の11月2日に当たります。かのえ たつ 八白 赤口。
日の出は7時05分、日の入りは17時01分。
月の出は7時31分、月の入りは17時56分、月齢は0.9です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時19分、潮位4センチと、12時32分、潮位75センチです。
満潮は7時01分、潮位167センチと、18時06分、潮位169センチです。

12月20日のこよみ。
旧暦の11月3日に当たります。 かのと み 九紫 先勝。
日の出は7時05分、日の入りは17時01分。
月の出は8時19分、月の入りは18時46分、月齢は1.9です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で0時50分、潮位3センチと、13時04分、潮位75センチです。
満潮は7時33分、潮位167センチと、18時37分、潮位167センチです。
カテゴリー: 小社会


ページトップへ