2017.12.07 17:28

Airbiquityが新しいOTAmatic(TM)のリリースを発表 自動車向けのOTAソフトウエア、データ管理提供を強化

Airbiquityが新しいOTAmatic(TM)のリリースを発表 自動車向けのOTAソフトウエア、データ管理提供を強化

AsiaNet 71416 (1982)

【シアトル2017年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*新機能はエッジデータ分析、顧客購買、徹底した防御セキュリティー手法をサポートする

コネクテッドビークル・サービスの世界リーダーであるAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )は7日、OTAmatic(TM)の最新リリースを発表した。業界トップのマルチECUオーバージエア(OTA)ソリューションである最新のOTAmaticのリリースは、コネクテッドビークル向けの車載OTAソフトウエア・アップデートおよびデータ管理キャンペーンを安全かつセキュアに自動化・統合し、堅ろうな既存のサービスをさらに強化する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/615824/OTAmatic_Logo.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/177305/airbiquity_logo.jpg

製造されたコネクテッドビークルの急増に伴い、自動車メーカーはこれらの車両がOTAソフトウエア・アップデートを受信し、データを転送できるようにすることが必須となっている。信頼性があり、かつセキュアなOTAソリューションを採用することによって、ソフトウエア関連のリコールやサイバーセキュリティー対策費用に要する数十億ドルを軽減することができ、車両性能および機能強化が顧客の購買後に提供可能となり、自動車メーカーのサプライチェーンおよび業務は最適化され、コネクテッドビークル・エコシステムを拡大し、さらに収益化する新しいチャンスを実現することができる。しかし、OTAは自動車メーカーにとって前例のない課題も突き付けている。それは、世界中に展開する数百万台の車両向けにOTAソフトウエア・アップデートおよびデータ管理キャンペーンを計画し、それを実行するうえで、高まる複雑性を管理することである。

市場をリードするAirbiquityのOTAmaticソフトウエアおよびデータ管理製品は、高度なバックエンド・サービス提供管理能力によってこの課題に対処し、極めて精度の高い車両およびデバイス・ターゲティング、個別ポリシー、プライバシー管理、全面カスタマイズ可能な消費者通信、さらにソリューション展開の柔軟性によって、自動車メーカーおよびサプライヤーが大規模なマルチECUソフトウエア・アップデートおよびデータ・キャンペーンを効率的に計画、実行することを可能にする。これまで発表した機能に加え、強化されたOTAmaticソリューションは以下を含んでいる。

*エッジデータ分析フレームワーク:OTAmaticはデータ分析プロバイダーのアップグレード可能な分析モジュール、自動車メーカーおよびサードパーティー・バリュージェネレーションのための車両データの匿名化と標準化をサポートする

*消費者購買:OTAmaticオンデマンド・ソフトウエア・アップデートは車両販売後の新しい機能およびサービスを消費者が購入することと、インフォテインメント・システムとスマートフォン・アプリケーションを介したカスタマイズ可能なコンシューマーインタラクションを実現する

*「Defence In-Depth(徹底した防御)」セキュリティー:OTAmaticのエンドツーエンド・セキュリティー方法は、標準規格ベースの認証、確認、暗号化、自動車向けのセキュリティー侵害への回復力があるUptane(https://uptane.github.io/ )ソフトウエア・アップデート・セキュリティーシステムを活用する機密性、完全性、信頼性、可用性にわたっている(米国土安全保障省が開始し資金提供)。

Airbiquityのカムヤール・モインザデ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Airbiquityは革新的なソフトウエア技術の開発、クラウドベース・サービス、コネクテッドビークル・プログラム展開の成功において他に類のない実績を誇っている。われわれは今後も当社のOTAmatic製品を向上させ、当社の自動車関連顧客が車両のライフサイクル全体にわたり車両をよりよく管理し、新しい車両機能とサービスを消費者が購入した後も提供し、将来にはデータの管理、分析、収益化のためのデータ交換プラットフォームを活用できるようにすることにコミットしている」と語った。

AirbiquityのOTAmatic製品に関する詳細はウェブサイト(https://www.airbiquity.com/product-offerings/software-and-data-management )を参照。Airbiquityは、1月9日から12日までネバダ州ラスベガスで開催されるCES 2018で最新のOTAmaticリリース機能をデモンストレーションするため、顧客・アナリスト向けミーティングを主催する。ミーティングの登録をするにはsales@airbiquity.com まで申し込みを。

▽Airbiquityについて
Airbiquity(R)はコネクテッドビークル・サービスの世界的リーダーであり、車載テレマティクス・テクノロジーの開発および設計のパイオニアである。車載イノベーションの最前線にあるAirbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス配信プラットフォーム、Choreo(TM)を運営するとともに、オーバージエア(OTA)ソフトウエア・データ管理など主要な使用事例すべてをサポートする。自動車メーカー、自動車サプライヤーはAirbiquityと提携し、世界60カ国余りで顧客が要求する安全、エンターテインメント、利便性に応え、スケーラブルで信頼性があり扱いやすいコネクテッドビークル・サービスを提供している。Airbiquityの詳細はウェブサイト(www.airbiquity.com )を参照するか、@airbiquity(https://twitter.com/airbiquity )で会話に参加を。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標である。

▽問い合わせ先
Kristin Sandberg
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity



【URL】:http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201712078845/
カテゴリー: プレスリリース


ページトップへ