2017.11.30 19:29

国際法廷で服毒自殺、警察が捜査 旧ユーゴ戦犯、判決拒否

 旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷の廷内で、瓶を口元に運ぶスロボダン・プラリヤック被告=11月29日、オランダ・ハーグ(同法廷提供、AP=共同)

 【ウィーン共同】ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦(1992~95年)時の戦争犯罪を裁く旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(オランダ・ハーグ)で29日、クロアチア人勢力の被告が廷内で毒とみられる物を飲んで死亡し、オランダ警察が捜査に着手した。AP通信が伝えた。

 「私は戦争犯罪人などではない。判決は受け入れない」。クロアチア人勢力軍事部門の元幹部スロボダン・プラリヤック被告(72)は一審通り禁錮20年の判決を言い渡された廷内で着席を拒み、立ち上がったまま小瓶に入った液体とみられる物を飲み干した。

 同被告は搬送先の病院で死亡、オランダ当局は法廷を封鎖し捜査を進めている。
カテゴリー: 国際


ページトップへ