2017.11.27 14:30

山下一穂氏(元「有機のがっこう・土佐自然塾」塾長)が死去

有機のがっこう開設
 元「有機のがっこう・土佐自然塾」塾長の山下一穂氏(やました・かずほ)が京都府福知山市内のホテルで死去、67歳。高知市出身。自宅は長岡郡本山町寺家454。葬儀・告別式は未定。

 2006年に開設した「有機のがっこう・土佐自然塾」(土佐郡土佐町土居)の塾長として16年3月の閉塾までに100人以上を指導。12年12月から音楽プロデューサーの小林武史さんが代表を務める農業生産法人の農場を監修しており、25日から農場のある兵庫県丹波市を訪ねていた。26日朝、滞在先のホテルの従業員が布団の中で亡くなっているのを発見した。

 14年4月からは有機農業参入促進協議会(長野県松本市)の代表理事を務めていた。

カテゴリー: 訃報


ページトップへ