2017.11.15 08:30

「高知でココロの洗濯」 高知県観光PR動画が完成 忍成修吾さん出演

維新博推進協議会が制作した観光プロモーション動画の1シーン(同協議会提供)
維新博推進協議会が制作した観光プロモーション動画の1シーン(同協議会提供)
 「高知で、ココロの洗濯を」―。俳優の忍成修吾さんが高知県観光の魅力を伝えるプロモーション動画が完成し、14日から「志国高知 幕末維新博」の公式サイトで公開されている。

 維新博推進協議会が、ウェブを生かして維新博をさらに盛り上げようと制作。坂本龍馬の誕生日で没後150年の命日に当たる11月15日を前に公開した。
 動画は「プロローグ編」「グルメ編」「歴史編」「自然編」の4種類で、1本30秒ほど。今夏県内でロケが行われた映画「サムライせんせい」で龍馬役を務めた忍成さんが出演した。

 高知を訪れた旅人役の忍成さんが、日曜市で芋てんを頬張って「高知の空気があれもこれもうまくする」とつぶやき、県立高知城歴史博物館で龍馬の手紙に感嘆。いつの間にか龍馬と一体となり、桂浜で「まっこと絶景ぜよ」と海に向かって叫ぶ。土佐清水市の足摺岬や安芸市の岩崎弥太郎生家など各地の観光地の映像も流れる。

 同協議会事務局の県観光政策課は「幕末維新期の偉人の歴史、彼らを育んだ食や自然に触れてもらい、心の洗濯ができる維新博の魅力が伝われば」と話している。同協議会は今後、動画を県内観光施設や県内外のイベントなどで活用する予定。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会幕末維新博観光


ページトップへ