2017.11.14 08:30

明治神宮野球大会 高知県の明徳義塾が36年ぶり決勝へ

【準決勝 静岡―明徳義塾】8回表明徳無死二塁、明徳・谷合が左越えに同点2ランを放つ(神宮)
【準決勝 静岡―明徳義塾】8回表明徳無死二塁、明徳・谷合が左越えに同点2ランを放つ(神宮)
静岡を逆転 15日創成館戦
 第48回明治神宮野球大会第4日は11月13日、神宮球場で行われ、高校の部の四国代表、高知県の明徳義塾が準決勝で東海代表の静岡を5―3で破り、1981年以来、36年ぶりに決勝に駒を進めた。四国代表として高松商以来2年ぶり、高知県勢としては2006年に優勝した高知以来11年ぶり4度目となる決勝進出。第5日の14日、午前10時半から九州代表の創成館(長崎)と優勝を懸けて戦う。

9回を被安打5、3失点で完投した明徳・市川(神宮)
9回を被安打5、3失点で完投した明徳・市川(神宮)
 明徳は一回に先制されたものの、二回に市川が適時打を放ち1―1に。四、六回に1点ずつ奪われたが、八回に谷合の2点本塁打と真鍋、田中の連続適時打で一挙に4点奪い逆転勝ちした。市川は被安打5で完投した。

 創成館は大阪桐蔭と対戦。0―1の三回に4点奪って逆転すると、その後も得点を重ねて計7得点。投げては3人の継投で相手の反撃を4失点に抑えた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ