2017.10.22 08:10

台風21号 高知県に今夜最接近 気象庁「投票前 情報確認を」

 
超大型で非常に強い台風21号は21日、沖縄の南の海上を北東に進んだ。22日には沖縄・奄美に接近し、高知県には同日夜のはじめ頃から遅くに最接近する見込み。夜には県中東部を中心に暴風域に入り、1時間に70ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性がある。気象庁は「投票に行く際は、最新の台風情報を確認してほしい」と呼び掛けている。

 高知地方気象台によると、四国の南海上にある前線が台風からの湿った空気で活発化しながら北上するため、県内は22日未明から雨が強まる見込み。23日午後6時までの24時間雨量は多い所で200ミリと予想されている。

 風は陸上で最大風速が20メートル(最大瞬間風速35メートル)、海上では風速25メートル(同35メートル)との予想。海上の波はうねりを伴って最大9メートルに達し、23日昼前にかけて波の高い状態が続く見込み。 

 ここ数日雨が降り続いていることから、同気象台は「地盤が緩んでおり土砂災害に警戒してほしい」。台風の進路によっては予想より風雨が強まったり速度が速まったりする恐れもあるとして、浸水や河川の増水などに対し早めの警戒を呼び掛けている。

JRなど運休も
 台風21号の接近に伴い、JR土讃線の岡山―窪川間の特急と琴平―土佐山田間の普通列車、土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の特急が22日の始発から運転を見合わせる。宿毛フェリーは23日正午の佐伯発便まで欠航する予定。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会環境・科学


ページトップへ