2017.10.22 08:10

[2017衆院選]きょう投開票 高知県2選挙区、比例に審判 午前1時ごろ大勢か

 衆院選の高知1区、2区と比例代表四国ブロック(定数6)の投票は、22日午前7時から34市町村の920カ所で行われる。開票は午後8時開始の25市町村から順次始まり、比例四国も含めて23日午前1時ごろには大勢が判明する見通し。本県には台風21号が接近しており、各地の期日前投票所は21日、前倒しで投票に訪れる有権者であふれた。

 今回の衆院選は、県内の小選挙区が3から2に減って2回目。高知市の鏡川を基本的な境界として県東部が1区、県西部が2区で、都市部あり、中山間地域ありの広い選挙区で12日間の熱い戦いが繰り広げられた。


    




 県内62万人余りの有権者の審判を受けるのは次の5人(届け出順。( )内数字は当選回数。敬称略)。

 【1区】
大石 宗 37歳 希望・新
松本顕治 33歳 共産・新
中谷 元 60歳 自民・前(9)(公明推薦)

 【2区】
広田 一 49歳 無所属・新
山本有二 65歳 自民・前(9)(公明推薦)

 5候補は選挙戦最終日の21日、大票田の高知市で最後の訴えに奔走。午後8時前に事務所前などでマイク納めを行い、激しかった舌戦を終えた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


関連記事

もっと見る



ページトップへ