2017.10.21 08:25

衆院選高知1区3候補の高知県大川村遊説 過疎の叫びにどう応える

大川村の道路脇に設置されたポスター掲示板。過疎の先頭を行く山村の叫びは候補者の胸にどう刻まれたのか(同村小松)
大川村の道路脇に設置されたポスター掲示板。過疎の先頭を行く山村の叫びは候補者の胸にどう刻まれたのか(同村小松)
 高知県土佐郡大川村の県道を衆院選候補者の選挙カーが走る。車窓から手を振れど、人影も、応える声もほとんどなく、スピーカーの音声は山びこになって返ってくる。人口は離島を除いて全国最少の405人(9月末現在)。村議のなり手不足から村は6月、住民が議案を直接審議する「村総会」の研究開始を表明して注目を集めた。地方自治の在り方に一石を投じたこの村で、高知1区の候補者3人は何を訴えたのか。

 3人の候補者は20日までに1回ずつ大川村入りし、村役場前で街頭演説を行った。ただ、いずれの演説も聞き入っていたのは、指折り数えられるほどの人。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


関連記事

もっと見る



ページトップへ