2017.10.20 08:05

[2017衆院選] 私の訴え(9)地方の活性化

 高知県の人口は2015年国勢調査で72万8276人と戦後最少を更新し、少子高齢化も年々深刻さを増しています。あなたは地方の活性化にどう取り組むべきだと思いますか。
(届け出順。敬称略)


◆高知1区◆
【大石 宗】(希望・新)
 人口減少対策▽内でお金を回し外でも稼ぐ体制▽地方の自主性を生かせる地方分権改革の3点が重要です。人口対策は、働く場所の確保と所得向上▽少子化対策▽子育て支援や教育の充実▽UIターン促進▽観光振興による交流人口拡大▽医療介護の安定化が有効です。地域でお金を回し外で稼ぐため、あらゆる分野での地産地消・外商の徹底強化を行うとともに、地方の自主性を生かしつつ大都市との基礎体力の差を埋める政治を行います。

【松本 顕治】(共産・新)
 現在の地方の衰退は自然現象ではありません。自民党政治によって農林漁業の輸入自由化が進み、大型店舗の規制緩和などが強行されてきたからです。農協つぶしは地域を壊します。今、県内で懸命に暮らし高知を支えている方々が元気になる政治が必要です。価格保障・所得補償による第1次産業の振興、医療・介護・福祉の充実と職員の処遇改善、中小企業支援と一体となった最低賃金の引き上げ、自然エネルギーの推進に取り組みます。

【中谷 元】(自民・前)
 県産業振興計画の早期実現で産業育成、基盤整備、教育の充実、災害対策などを図ります。農業では土地改良の普及、後継者育成、レンタルハウス利用拡大などで新規参入者を拡大。林業は森林環境税を創設して森林整備の財源を確保し、無垢(むく)材やCLTなどの普及促進、木質バイオマスエネルギーの拡大など木材利用で活性化を進めます。水産業は巻き網漁法の制限を求め的確に資源を管理し、漁業経営支援や漁港漁場整備を図ります。


◆高知2区◆
【広田 一】(無所属・新)
 中山間・奥山間の再生なくして地方の活性化はありません。高知県の進める産業振興計画を支援し、農林漁業の再生と活性化を強力に推進します。集落活動など経済的な活動と併せ、誰もが安心して暮らせる地域づくり、移住対策、空き家対策、地域おこし協力隊などの人的支援も強化します。財政的には、地方交付税の維持、増額を図り、地方や地域が自由に使える地方一括交付金を復活させます。

【山本 有二】(自民・前)
 本県には貴重な自然や資源があり、社会資本を整備しながらこれらの潜在力を引き出し、付加価値をさらに高めることが、郷土に元気と活気をもたらすことになると確信しています。若者にとって夢のある地域社会を、バリアフリーやノーマライゼーションの福祉によって生きがいのある長寿社会を築くことが、地方活性化を図る上で何より重要です。これまでの経験を生かし「地方の実力発揮」「高知の実力発揮」に全力を尽くします。



ページトップへ