2017.10.19 08:18

高知県内首長 衆院選控え国へ注文 地方に裁量と財源を

地方創生資金を活用した事業や計画が進む。左上から、高糖度トマトで村の認知度を上げる日高村のプロジェクト、河川保全で地域活性化に取り組む東洋町の野根川。下は、村総会の研究中断が表明された大川村議会9月定例会(コラージュ)
地方創生資金を活用した事業や計画が進む。左上から、高糖度トマトで村の認知度を上げる日高村のプロジェクト、河川保全で地域活性化に取り組む東洋町の野根川。下は、村総会の研究中断が表明された大川村議会9月定例会(コラージュ)
 安倍政権が「地方創生」を掲げ、関連法や「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が制定されて3年がたつ。新たな交付金を使ったプロジェクトも県内各地で進む。ただ、国全体を俯瞰(ふかん)すれば、人口一極集中の是正は進まず「地方創生は失速した」との指摘もある。今年は地方自治法施行から70年。実情に応じた地域づくりを進めるために何が必要なのか。衆院選を控え、高知県内市町村長に国への注文を聞いた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから




ページトップへ