2017.10.14 08:20

[2017衆院選] 主権者教育効果大!? 参院選で高知の高校生投票率53%

衆院選を前に政党の公約を比べる高校生(高知市の太平洋学園高校)
衆院選を前に政党の公約を比べる高校生(高知市の太平洋学園高校)
 若者の意見を政治に反映させることを狙いに昨年導入された、いわゆる「18歳選挙権」。若者の政治的関心を高めるための主権者教育が各地の高校で展開されており、その効果も見え始めている。

 昨年7月の参院選で高知県の投票率は45・52%。初めて18歳選挙権が導入された国政選挙とあって注目を集めたが、10代の投票率は30・93%(全国平均は46・78%)で全国最低だった。

 しかし、この参院選に関し高知市選挙管理委員会が独自算出した数字が注目される。

 「53・64%」...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから




ページトップへ