2017.10.13 08:05

脳出血から再起の感謝作品に 高知県田野町の西山さん個展

脳出血を経て作品づくりに励む西山均さん(田野町のデイサービスたの)
脳出血を経て作品づくりに励む西山均さん(田野町のデイサービスたの)
 脳出血を患い、リハビリ中の男性が、支えてくれた妻らへの感謝の気持ちや再起に懸ける思いを短歌や俳画にし、高知県安芸郡田野町のギャラリー「まんちゃん」で個展を開いている。倒れて半身不随になってからの心の動きを丁寧につづった手記も添えてあり、生と真摯(しんし)に向き合う姿勢が見る人の共感を呼んでいる。10月31日まで。不定休で午前10時~午後5時。問い合わせは、まんちゃん(0887・38・2883)へ。 

脳出血からの再起への思いを託した作品が並ぶ会場(田野町のギャラリー「まんちゃん」) 
脳出血からの再起への思いを託した作品が並ぶ会場(田野町のギャラリー「まんちゃん」) 
 個展を開いているのは、田野町の元職員で2000年4月から9年間、町教育長を務めた西山均さん(68)。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 文化・芸能安芸


ページトップへ