2017.10.12 11:00

【71回県展 審査評】書道 審査員・真神巍堂、吉川美恵子

 高知県内最大規模の公募展「第71回県展」(高知新聞社、RKC高知放送主催)が22日まで高知市高須の県立美術館と同市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれている。

 洋画、日本画、彫刻、工芸、書道、写真、グラフィックデザイン、先端美術の8部門。入賞入選と審査員、無鑑査、推薦作家の1218点が両会場を秋色に染めている。

 ことしは写真部門の入交貞悦さん、書道部門の中岡祥舟さんが無鑑査作家入りを果たした。同部門の無鑑査誕生は11年ぶり。初特選は13人で22歳の新鋭から84歳のベテランまでがそろい、幅広い年代が競い合う県展を裏付けた。

 8部門9人の審査員は各自の判断基準で厳しく作品を吟味した。審査評を紹介する。


川谷横雲賞、県美術振興会奨励賞「野岸風」 岸野翠月(高知市)
川谷横雲賞、県美術振興会奨励賞「野岸風」 岸野翠月(高知市)
鍛錬を重ねた自然体で

 漢字作品は、高知県の伝統的な少字数の作品が非常に多く、競合した。仮名は中央の大きな公募展の縮図のよう。それぞれのグループの書風をよくこなし、練度が高い。漢字より出品数は少ないがレベルは低くない。

 展覧会に出品するとなるとどうしても意識過剰になるが、デフォルメされた作品は嫌みに見える。自然体で無意識に筆が走った、こんなのができてしまったという作品が人を一番感動させる。

 書は瞬間にできるもの。鍛錬と工夫を重ね、悩み悩んで全部捨てた瞬間に筆が走ったら一番いいですね。いかに自然にできるかがわれわれも一番の悩みだし、望みでもある。

 特選から。

 山崎慎也「万葉集より『あをによし』」。力強く、躍動的な線が見る人に強く訴える。優雅や柔らかさの一方で、仮名の持つ弱い部分を払拭(ふっしょく)した。余白の取り方は、特に前半が絶妙。さらに余白美を追求するなら、後半の文字と文字の間を意識するといい。

 朝倉希代子「刹那」。書に一番欲しいのは格調や品位。少字数の作品で作為が入り過ぎると、品位が下がる。これは自然体で、造形に誇張がない。筆の弾力をうまく使い、上の文字のにじみと下のかすれが調和した。空海の書を思い出すような筆遣いや造形で、伝統的な古典が底辺にあるのが分かる。

 吉田美玖「杜審言詩」。普通は文字の姿を考えがちだが、これは古い形の字をそのまま書き、それでいて人の目を引く筆勢がある。若いと思うがそれなりの枚数を書き、鍛錬をした人でないと引けない線。けれん味がなく気持ちがいい。

 8枚の紙を組み合わせた中岡祥舟「しら雪」。高さを変化させて構成する散らし書きが、1枚ごとに変化に富んでいる。また、自然な流動美もある。中央の紙は文字数を多くし、盛り上がりを意識した。紙の色の取り合わせが品良く、文字数が多い紙は濃い色にする配慮もある。長年のセンスが出ている。

 川谷横雲賞、県美術振興会奨励賞の岸野翠月「野岸風」。筆を存分に使っているのが魅力。筆を太めに使い、にじみはほぼない。大太鼓をどん、とたたいたような響きがあって好感が持てる。墨が少なくなった後の筆の使い方もうまい。

 入賞作品を見ると、古典の裏付けがあるのが分かる。古典や古筆をベースにし、書き込んでいる情熱のある作品は目を引く。形式だけの作品との違いがある。古典の匂いのしない独善的な作風も多く見られたので、古典の裏付けの上に新しい表現を出してほしい。

 高知県展を初めて審査して、お年を召した方が非常に多いことに驚いた。そうは見えない筆力がある。自分の生きがい、楽しみを持続させてほしい。(談)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化


ページトップへ