2017.10.05 14:30

よさこい熱演伝える50点 高知市の交流館で写コン受賞作展示

よさこい祭りの熱演を切り取った写真が並ぶ作品展(5日午前、高知市の高知よさこい情報交流館)
よさこい祭りの熱演を切り取った写真が並ぶ作品展(5日午前、高知市の高知よさこい情報交流館)
 今夏のよさこい祭りを題材にした写真コンクールの受賞作品展が5日、高知市はりまや町1丁目の高知よさこい情報交流館で始まり、踊り子たちの熱演を切り取った50点が並んでいる。11月7日まで。

 コンクールは高知市観光協会の主催で5回目。今年は15~85歳の203人から551点の力作が寄せられた。

 特選を受賞したのは神奈川県小田原市の露木征夫さん(50)の作品「渇望」。汗を光らせながら真剣なまなざしでポーズを決める踊り子の気迫を切り取った。笑顔の写真が多い中、目を引く作品だ。

 ほかにも、踊り子が笑顔で跳びはねる躍動感、うっとりと空を見上げる美しさ、驚き、かわいらしさなど、よさこいの風景がさまざまな作品で表現されている。

 初めて高知に来たという石川県白山市八日市の田村洋子さん(75)は「踊り子たちの声が聞こえてきそう」と見入っていた。

 入場無料で午前10時~午後6時半。水曜日休館。

関連記事

もっと見る



ページトップへ