2017.10.02 08:25

四国秋季高校野球県予選第6日 4強そろう

 第70回秋季四国地区高校野球大会高知県予選第6日は1日、春野球場で準々決勝の残り2試合を行い、明徳義塾と高知商が勝ち、4強が出そろった。明徳が5年連続、高知商は2年ぶりの準決勝進出を果たした。

 明徳―中村は明徳が10―0の五回コールドで中村に完勝した。一回に2点先制し、二回には真鍋の適時三塁打などで8点取って試合を決めた。主戦市川は中村を4安打無失点に抑えた。

 高知商―梼原は、高知商が13―0の五回コールドで梼原を圧倒した。一回に7点奪うと、二回には2点追加。三回は近沢の3点本塁打などで4点加えた。エース北代が梼原を零封した。

 第7日は14日に再開。春野球場で準決勝の高知―追手前、明徳―高知商の2試合を行い、翌15日に決勝と3位決定戦を行う。

1日の結果
 ▽準々決勝
 明徳義塾10―0中村
 高知商 13―0梼原

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ