2017.09.24 08:30

14年かけ彼岸花の球根30万個 高知県四万十町の田辺さん

梼原町境の山里に咲き誇る彼岸花。これからが見頃だ(写真はいずれも四万十町大正中津川)
梼原町境の山里に咲き誇る彼岸花。これからが見頃だ(写真はいずれも四万十町大正中津川)
 高知県高岡郡四万十町大正中津川に、知る人ぞ知る“彼岸花の里”がある。梼原町境に近い森ケ内集落。30万球達成の看板を手にする田辺吉道さん
30万球達成の看板を手にする田辺吉道さん
四万十川の支流、中津川沿いに、地元の田辺吉道さん(66)が球根を植え始めて14年、その数は30万個を超えた。彼岸の中日の23日には友人らと手作りの「記念祭」を開催し、初秋の山里に彩りを添える赤い花々を大勢の人が楽しんだ。

 “彼岸花の里”は、梼原町松原地区へ抜ける町道周辺。山の斜面や平地合わせて約50アールほどの広さに、鮮やかな赤い花々が天に向かって伸びている。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要環境・科学高幡


ページトップへ