2017.09.22 08:40

魚梁瀬杉が〝最後〟の伐採 高知県馬路村

幹回り、高さが際立つ推定樹齢250年の魚梁瀬杉。最後の伐採作業が進んでいる(21日午後、馬路村魚梁瀬)
幹回り、高さが際立つ推定樹齢250年の魚梁瀬杉。最後の伐採作業が進んでいる(21日午後、馬路村魚梁瀬)

 2017年度限りで供給が原則休止となるヤナセ天然スギ(魚梁瀬杉)の“最後”の伐採作業が、15日から安芸郡馬路村内の国有林で行われている。伐採は25日ごろまで続き、乾燥、集材を経て11月中に出荷される予定。江戸時代から長く、地域や集落を支えてきた名木が、間もなく経済的な役目を終える。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要政治・経済安芸


ページトップへ