2017.09.16 08:15

台風18号あす17日に高知県へ最接近 土砂災害や高潮警戒

台風の接近に備え漁船の係留ロープを確認する漁業者(15日午後、土佐清水市浦尻)
台風の接近に備え漁船の係留ロープを確認する漁業者(15日午後、土佐清水市浦尻)
 大型で非常に強い台風18号は15日、東シナ海を北東に進んだ。17日に九州にかなり接近し、上陸する恐れがある。高知県には同日昼ごろに最接近する見込みで、高知地方気象台は大雨による土砂災害や浸水、高潮、暴風に警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、日本の南海上にある秋雨前線が台風の接近に伴い北上する。このため、県内では16日昼すぎから雨が強くなり、1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る所もあるとみられる。

 台風が予報円の中心を通った場合、17日には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、同日正午までの24時間雨量は多い所で300~400ミリが予想されている。予報円の南を通る場合は、これより雨量は少なくなる見込み。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会環境・科学


ページトップへ