2017.09.14 08:20

超現実主義追求の軌跡 洋画家、故宮本初義展 高知市で91点紹介

展示した宮本初義の作品について語る(左から)長男の匡士さん、孫の義久さん、次男の真至さん。義久さんは亡き祖父の写真を手にしていた(高知市の高新画廊)
展示した宮本初義の作品について語る(左から)長男の匡士さん、孫の義久さん、次男の真至さん。義久さんは亡き祖父の写真を手にしていた(高知市の高新画廊)
 高知市の洋画家、故・宮本初義の回顧展が同市本町3丁目の高新画廊で開かれている。若いころから一貫してシュールレアリスム(超現実主義)を追求した宮本の画業を一望できる91点を紹介している。19日まで。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ