2017.09.14 08:15

ビンナガマグロ漁巻き網抑制を 高知県一本釣り船主が訴え

 
高知県の近海一本釣り漁業者の間で、日本周辺のビンナガマグロ漁に関して「国は巻き網の操業に何らかの制限を設けてほしい」との要望が高まっている。一本釣りといえばカツオのイメージが強烈だが、マグロ類も漁獲対象。カツオの漁獲量が資源悪化に伴い落ち込む中、ビンナガによって何とか経営を維持してきたのが実情だ。「せめてビンナガは、資源が悪化する前に保全策を講じてほしい」との一本釣り船主の訴えに、県内有志が今春結成した「高知カツオ県民会議」では賛同の声が相次いでいる。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 環境・科学政治・経済主要


ページトップへ