2017.09.14 08:46

高知県の土佐清水に「恋の舞台」10選 市民と掘り起こし

 デートスポットの一つに選ばれたコーヒー店「TOP」のカプチーノ(土佐清水市幸町)
デートスポットの一つに選ばれたコーヒー店「TOP」のカプチーノ(土佐清水市幸町)
高知県の足摺岬灯台を「恋する灯台」として認定した日本ロマンチスト協会(長崎県雲仙市)は12日夜、土佐清水市に「ロマンス宣教師」を派遣し市内でワークショップを開いた。市民約20人が出し合った意見を基に10カ所のデートスポットを選定した。

 協会は2008年に発足の社団法人。16年から日本財団とともに、灯台の歴史などを見直し「ロマンスの聖地」として観光資源地化する事業を行っており、これまで全国31基を認定した。

 ワークショップには協会副事務局長で、事業をPRするロマンス宣教師も務める八田雅也さん(40)らが講師として参加。「ロマンチックな視点で地域を見直そう」と呼び掛けた。

 参加者はデートスポットとして魅力的な店舗や風景などを次々と提案。八田さんらと絞り込み、大岐の浜の星空やカプチーノの泡にイラストを描いて提供するコーヒー店、足摺岬沖での海上クルーズなど10カ所を選定した。

 八田さんは「パンフレットには載らない情報も掘り起こせた。カップルに楽しんでほしい」と期待していた。

 協会では10月中旬ごろまでに、10カ所をまとめたパンフレットを製作し、市へ提供する。

カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ