2017.09.14 09:11

高知県内新規就農者が最多276人 「産地提案」が奏功

 2016年度の高知県内の新規就農者数は、前年度の265人から11人増の276人となり、過去最多を更新したことが、県のまとめで分かった。具体的な就農条件を示してアプローチする「産地提案」が奏功した。県は現在の産業振興計画(16~19年度)で320人の目標を掲げており、県農地・担い手対策課は「就農相談会でアピールしたり、研修生の受け入れ態勢をより充実させたりするなどし、目標達成に努めたい」としている。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要政治・経済


ページトップへ