2017.09.13 08:20

古民家で芸術楽しんで 都築房子さんの作品展示 高知県奈半利町

古民家に現代アートを展示した町歩きイベント(奈半利町の森家住宅)
古民家に現代アートを展示した町歩きイベント(奈半利町の森家住宅)

 高知県安芸郡奈半利町にある国の登録有形文化財の古民家などを会場に、現代アートを楽しむ「奈半利・古民家Art&Live」が開かれている。住民らでつくる町並み保存団体「なはり浦の会」の主催で、24日まで。

 会場は、「旧弘瀬家住宅」を活用した集落活動センター「なはりの郷(さと)」▽高田屋(竹崎家住宅)▽旧野村茂久馬邸(森家住宅)―の登録有形文化財と、旧藤村製糸工場跡にある藤村製糸記念館の計4カ所で、いずれも入場無料。

 4会場には県展先端美術部門無鑑査の造形作家、都築房子さん(68)=南国市=が自作を出品。このうち森家住宅には、カイコの繭を連想させる白い不織布を用いた作品を展示し、藤村製糸で使われていた糸を巻き取る道具も作品の一部として置いた。

 17、24日は都築さんと和紙の花作り(500円)、23日にはギタリストの宇高靖人さんと二胡(にこ)奏者、松居孝行さんのコンサートも予定されている。問い合わせは「―浦の会」(090・1570・2225)へ。 

カテゴリー: 主要文化・芸能安芸


ページトップへ