2017.09.13 08:20

魚梁瀬杉“最後”の伐採へ 四国森林管理局 9月15日から58本

15日から伐採される予定の魚梁瀬杉(11日午後、馬路村内)
15日から伐採される予定の魚梁瀬杉(11日午後、馬路村内)
 高知県安芸郡馬路村の国有林を中心に分布し、2018年度以降の伐採と木材供給が原則休止されるヤナセ天然スギ(魚梁瀬杉)の“最後”の伐採が、今月15日から行われることが決まった。休止の背景には、資源の減少や木材価格の低迷がある。四国森林管理局は11日、現地で報道関係者への説明会を開いた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 環境・科学安芸


ページトップへ