2017.09.08 08:20

高知港に35人収容の津波救命艇設置 作業員の避難想定

設置された津波救命艇「まんじろう」(7日午後、高知市桟橋通6丁目)
設置された津波救命艇「まんじろう」(7日午後、高知市桟橋通6丁目)
 南海トラフ地震などに伴う津波を「浮いて生き延びる」という発想で開発された津波救命艇が、高知市桟橋通6丁目の高知港潮江緑地に設置された。港湾作業員らの避難を想定し、四国港湾福利厚生協会が2014年の高知新港に続いて配備したもので、7日、現地で設置式が行われた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要社会高知中央


ページトップへ