2017.08.31 08:15

元高知女子大学長・青山英康氏死去

 高知女子大学学長を務めた青山英康(あおやま・ひでやす)氏が6日午後3時11分、肺炎のため岡山市内の医療機関で死去した。82歳。中国・大連市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男哲(さとし)氏。10月28日に岡山市内でしのぶ会が開かれる。

 岡山大学大学院医学研究科博士課程を修了し、同大学医学部助教授などを経て1980年に教授。2000年3月に定年退職。専門は衛生学。

 高知女子大学への新施設設置申請の時期を巡り、県と対立して辞職した成田十次郎学長の後を受け、03年に学長に就任。在任中は、女子大共学化など県立大改革の懸案に対応し、07年まで同大学と高知短期大学の学長を務めた。

カテゴリー: 訃報


ページトップへ