2017.08.21 15:18

酒と文学展~『土佐日記』から吉田類まで~

 高知県立文学館の主催。『土佐日記』の昔より現在に至るまで、酒を愛した土佐の文人や作家は多く、それぞれ酒にまつわる多くの逸話と優れた作品を残しています。現在では、仁淀川町出身の酒場詩人・吉田類さんが注目を集めています。開館20周年、「二十歳の文学館」となる記念の年に開催される本展覧会では、酒文化の紹介から、作家と酒の逸話や文学作品の紹介、吉田類さんの酒場俳句を紹介する特設コーナーなど、さまざまな角度から高知の文学と酒についてご紹介します。土佐の風土や文化と密接に関わりながら執筆された酔いどれ文学と、酒を愛した作家たちの味わいをお楽しみ下さい。
開催日 11月25日~平成30年1月14日
場所 高知県立文学館(高知市丸ノ内1丁目) 2階企画展示室
入場料・参加料 500円
公式HP http://www.kochi-bungaku.com/
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ