2017.08.18 08:20

高知県南国市でも夏休み中に子ども食堂

カレーを振る舞う子ども食堂のメンバー(高知県南国市岡豊町蒲原)
カレーを振る舞う子ども食堂のメンバー(高知県南国市岡豊町蒲原)

 夏休みの子どもたちに食事を振る舞う「子ども食堂」が8月17日、高知県南国市岡豊町蒲原の蒲原公民館で始まった。南国市社会福祉協議会の主催で、8月にあと4回開く。

 南国市社会福祉協議会職員や地域住民が朝から公民館の調理室で、チキンカレーのほか、子どもの栄養も考えてカボチャやオクラ、キュウリを使った彩り豊かなサラダを準備。オープンと同時に岡豊小学校の児童らが続々と集まった。

 児童らはカレーをよそってもらい、「辛くておいしい」「でも野菜は苦手や」。笑い合って食べる子どもに、見守る大人たちは「野菜も食べなきゃ」とサラダを皿に入れていった。

 調理を手伝った地区の民生委員、村井晴子さん(71)は「おいしく食べてくれてよかった。これからも笑顔で子どもたちを迎えていきたい」と話した。

 子ども食堂は今後、21、24、28、31日のいずれも午前11時~午後2時に開く。高校生まで無料。大人300円。問い合わせ先は南国市社会福祉協議会(088・863・4444)。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会教育子育て香長社会


ページトップへ