2017.08.16 08:28

イカ釣り体験に歓声 高知県大月町沖で9月末まで

参加者から歓声が上がった観光イカ釣り体験(高知県大月町沖)
参加者から歓声が上がった観光イカ釣り体験(高知県大月町沖)
 高知県幡多郡大月町沖で、遊漁船での観光イカ釣り体験が最盛期を迎えている。くいっと来る独特の引きや、時に勢いよく墨を吐くイカに歓声が上がり、夜の船上が観光客らで盛り上がっている。

 8月12日の午後7時前、5人の観光客を乗せ、一切漁港を出た遊漁船は10分ほどでポイントに到着。まだ西の空が明るいうちに仕掛けを沈めると、1投目から約30センチのケンサキイカが掛かり、「うわ、これ面白い」の声が上がる。1時間半で約20杯の釣果があり、船上で釣れたてを刺し身で味わい「おいし過ぎる!」。

 大阪市から帰省を兼ねて家族と参加した保育士、森智子さん(39)=高知市出身=は「今まで食べたイカで一番おいしかった。墨を掛けられたけど、すごく楽しかった」と興奮気味。4杯釣った長女の小学3年生、風舞(ふわり)さん(8)も「またやってみたい」と大喜びだった。

 営業は9月末まで。発着漁港は一切、柏島、周防形、樫ノ浦の4漁港で、当日の釣れ具合などによって大月町観光協会が指定する。3人までの基本料金は1万3千円、4人目以降は1人3千円(小学生2千円)。申し込みは当日午後3時までに大月町観光協会(0880・62・8133)へ。

カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ