2017.08.12 08:35

よさこい祭り2017 パラグアイから

西川まきさん
西川まきさん
 「よさこい国際交流隊」で踊る日系2世の西川まきさん(44)はパラグアイ在住。JICA四国が主催する研修の一環で参加した。
 
 父親が旧土佐郡鏡村(現高知市)出身。学生時代に高知で見たよさこいに一目ぼれし、パラグアイでチームを結成、よさこいを広めた。
 
 帯屋町演舞場で、和調のリズムに合わせ満面の笑みを振りまく西川さん。「もう楽しくて泣きそうです。よさこいは国境を越えますね」


水野みゆきさん
水野みゆきさん
「病気忘れる」
 筋力が低下する難病「重症筋無力症」を6年前に発症した「愛・彩媛」(松山市)の水野みゆきさん(54)=高知市出身=は、チームの代表として地方車から元気いっぱい踊り子を鼓舞した。
 
 「電話も落としてしまう」ほどだったが、娘の沙織さん(22)やメンバーの励ましで出場を決意。「みんな笑顔で踊ってるのを見ると病気も忘れます。まだまだ死ねんきね」。追手筋本部競演場で笑顔全開だった。

関連記事

もっと見る



ページトップへ