2017.08.06 08:35

高知県香南市の弁天座で鶴瓶さん落語会 「家族に乾杯」の約束実現

「家族に乾杯」から実現した笑福亭鶴瓶さんの落語会(高知県香南市赤岡町の弁天座)
「家族に乾杯」から実現した笑福亭鶴瓶さんの落語会(高知県香南市赤岡町の弁天座)
 待ちよったぜよ、鶴瓶さん! NHKの人気番組「鶴瓶の家族に乾杯」収録の縁でこのほど、笑福亭鶴瓶さんの落語会が高知県香南市赤岡町の弁天座で開かれた。テンポのいい話芸に約290人がおなかをよじらせ、酔いしれた。

 番組は3月に収録され、5月に放送。鶴瓶さんは香南市を訪れ、夜須町や赤岡町などを巡った。弁天座では回り舞台や花道などに「これめっちゃええやんか」と感激。「ちょっと時間かかるかも分からへんけど、私ここで(落語会)やります」と話していた。

 それからとんとん拍子で話が進み、収録から1カ月がたつ頃には日程が本決まり。チケットが即日完売するなど、“約束”の公演が実現の運びとなった。

 鶴瓶さんは冒頭、せりから登場し、「家族に乾杯で来たときに、ちょっと言うてしもたんですよー」。一同大笑いし、歓迎の拍手が起こった。

 客席には番組内で鶴瓶さんと2度遭遇した「まーちゃん」こと岡田昭子さん(85)の姿も。「来てんの? まさこちゃん?」。鶴瓶さんが呼び掛け、まーちゃんは舞台へ。「なんやえらい若返ってんやん」「しっくい(化粧)塗ってきましたよ」。変わらないやりとりに、客席からはくすくす、ふふふ…。

 鶴瓶さんは高校時代の国語の先生をモデルにした創作落語「青木先生」や古典「妾馬(めかうま)」を披露。客席は膝をたたいて大笑いし、人情に思わず涙もほろり。会場は最後まで、温かな笑顔に包まれた。

カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ