2017.07.15 14:32

板垣退助の墓きれいに 高知市薊野の老人会が月2回清掃

板垣退助の墓を丁寧に清掃する地域の老人会「三五クラブ」メンバー(7月9日午前、高知市薊野東町)
板垣退助の墓を丁寧に清掃する地域の老人会「三五クラブ」メンバー(7月9日午前、高知市薊野東町)
 自由民権運動を推進した板垣退助の墓地が、高知市薊野東町の通称「板垣山」にある。この墓をきれいに保っているのが、地域の老人会「薊野西・三五クラブ」。板垣の命日(7月16日)を前に、メンバーの清掃活動にも力が入っている。

 1919年に83歳で死去した板垣は、東京都品川神社裏の旧高源院に葬られ、1968年に現在の高知インターチェンジ近くの「板垣山」に分祀(ぶんし)された。板垣の墓の横には3番目の正妻の墓があり、周囲には乾姓(板垣の旧姓)代々の墓も並ぶ。

 清掃は、NPO法人「板垣会」の北代巌雄元副理事長(2016年5月死去)が長年にわたってほぼ一人で行っていたが、2015年に体調を崩した。以降、活動を引き継いだのが「三五クラブ」で、板垣会は「いつも丁寧に掃除してくれて本当にありがたい」と感謝する。

板垣退助99回忌
 板垣会は16日午後3時から、高知市本町2丁目の高野寺で板垣退助99回忌の法要を行う。一般の人も私服で参加可。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ