2017.07.15 14:35

夏の甲子園 高知大会開幕 「一投一打に気持ち込める」

入場行進する選手たち。夏の甲子園を目指す戦いが始まった(7月15日午前、高知市の春野球場)
入場行進する選手たち。夏の甲子園を目指す戦いが始まった(7月15日午前、高知市の春野球場)
 第99回全国高校野球選手権高知大会が7月15日、開幕した。高知市の春野球場で行われた開会式では、31校28チーム(連合2)のユニホーム姿の選手が堂々行進。春野球場、高知球場の両球場で、夏の甲子園を目指す9日間の戦いが始まった。
  
 2016年優勝の明徳義塾高校が先頭で入場。「どこよりも熱い夏にします」「支えてくれた人に、勝って恩返しを」など、各チームの抱負が球場にアナウンスされる中、28チームの選手が大きく腕を振って進んだ。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


関連記事

もっと見る



ページトップへ