2017.07.14 08:25

即興ラップが高知県内の中高生に人気

高知駅前広場の「サイファー」でラップの腕を磨く中高生(6月19日、高知市栄田町2丁目)
高知駅前広場の「サイファー」でラップの腕を磨く中高生(6月19日、高知市栄田町2丁目)
時々の思い 歌詞に刻んで
 高知県内の中高生の間でフリースタイル(即興)ラップの静かなブームが起きている。日常へのいらだち、友情、将来の夢…。路上で、ライブハウスで、その時々の思いを日本語の歌詞に刻み、ヒップホップのビートに乗せていく。2人で対決するラップバトルも盛んで、高知市からは全国で活躍する高校生ラッパーも出ている。

ライブハウスで白熱のラップバトルを展開する中高生(6月17日、高知市帯屋町1丁目のOUTER)
ライブハウスで白熱のラップバトルを展開する中高生(6月17日、高知市帯屋町1丁目のOUTER)
 サイファー
 6月のある日の夕方、JR高知駅前の広場で十数人の少年たちが輪になっていた。制服姿もちらほら。スマホから流れるヒップホップに体を揺らし、交代でラップを歌う。

宮城県仙台市で開かれたフリースタイルラップの全国大会でステージに立つ尾池翼さん(3月、提供写真)
宮城県仙台市で開かれたフリースタイルラップの全国大会でステージに立つ尾池翼さん(3月、提供写真)
 声を掛けると「サイファーやりゆうがです」。サイファーとは、集まった仲間が輪になってフリースタイルラップを楽しむという意味だ。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ