2017.07.12 08:15

高知FDが7月13日から台湾遠征 短期リーグに単独参戦

 高知ファイティングドッグス(FD)は7月13日から台湾に遠征し、現地の代表育成チームなどが参加する短期リーグに参戦する。四国アイランドリーグでは、4球団の選抜選手が北米へ遠征したことがあるが、高知FD単独の海外遠征は初めて。帰国は7月23日。

 高知県サンゴ業界と交流のある台湾サンゴ企業と、高知FD球団職員とのつながりで実現した。

 高知FDからは駒田徳広監督ら首脳陣3人と選手23人が参加。短期リーグ戦では台湾育成チームのほか、3社会人、3大学の計7チームと対戦する。また、高知FDはトライアウトや地元小学生との交流も予定している。

 梶田宙社長は「チームとしては後期に向けた最終調整。また、現地で高知FDの存在を知ってもらい、台湾、高知との交流のさらなる発展に尽くしたい」と話している。


球団残留マニーも現地で合流予定
 後期も高知ファイティングドッグス(FD)でプレーするマニー・ラミレスが7月11日、台湾でチームに合流することが分かった。マニーは高知FDが参戦する現地での短期リーグ戦に出場予定だが、時期については未定。その後、チームは7月23日に帰国するが、マニーは選手たちと別に高知入りするという。


高知FD選手情報(7月11日)
 【退団】秋山陸、リチャード・ラフ

関連記事

もっと見る

カテゴリー: FDスポーツスポーツ


ページトップへ