2017.07.02 08:10

釣りの5人無事救助 カヌー指導者と消防が連携 高知県大豊町

カヌーを巧みに操り、釣り人に近づく藤井勇介さん(7月1日午前7時5分ごろ、高知県長岡郡大豊町杉の穴内川)
カヌーを巧みに操り、釣り人に近づく藤井勇介さん(7月1日午前7時5分ごろ、高知県長岡郡大豊町杉の穴内川)
 高知県長岡郡大豊町杉の穴内川で7月1日朝、突然の増水で川中に取り残されたアユ釣りをしていた5人が無事救助された。“救助劇”の背景には、ウオーターレジャーを専門とする地元アウトドア業者の協力があった。

 午前6時すぎ、通報を受けた嶺北消防署員が現場に到着。釣り人は川岸から10メートルほどの所で動けなくなっていた。ロープを投げて救助を試みるが流れが急で、川を渡ることができない。

 そんな中で消防署員らの頭に、ある存在が浮かんだ。大豊町でラフティングやカヌーの企画をしている業者「モンベル・アウトドア・チャレンジ」と「ハッピーラフト」。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ