2017.06.20 09:00

東洋町を楽しもう 7月26~30日に移動高知新聞

 高知県安芸郡東洋町で7月26~30日に開く「第24回移動高知新聞 ふれあい高新」。甲浦地区の白浜海水浴場を主会場に生見地区、野根地区でも多彩なイベントを開催、東洋町の話題を重点的に報道し東洋町の魅力を発信します。


東洋町在住の水中写真家、福井宣博さんが撮影した海中の様子
東洋町在住の水中写真家、福井宣博さんが撮影した海中の様子
水中写真、透明標本
 7月26~30日。白浜海水浴場の東洋町自然休養村管理センターで、東洋町在住の水中写真家、福井宣博さんが撮影した海中の様子やシロボシテンジクザメの卵を展示します。野根地区防災活動拠点施設で「新世界『透明標本』展」(高知県立美術館で7月22日から開催)の作品を特別展示、作者の冨田伊織さんが標本の作り方を子どもたちに手ほどきする教室を7月27日、野根中学校で開きます。白浜会場、野根会場には高知新聞に掲載された東洋町関連の報道写真約120点を展示します。


夏の健康新聞祭り
 7月27日、生見の東洋町地域福祉センターで、新聞紙を使った健康体操、新聞バッグ教室、コラム「小社会」の書き写しなどを体験してもらう「夏の健康新聞祭り」を開催。東洋町地域福祉センターには、「あなただけの東洋町のワンショット」をテーマに募集中の「まちかど写真展」の作品を7月28日まで展示します。また、食を通した交流の場づくりを進める東洋町社会福祉協議会が7月28日、野根の「旧まるたや旅館」で「地域食堂」を“開店”。


ボードに立ちパドルをこぎ進む「スタンドアップパドルボード」(SUP)
ボードに立ちパドルをこぎ進む「スタンドアップパドルボード」(SUP)
SUP教室、納涼祭
 7月28日、甲浦港で、東洋町内の小中学生を対象に、ボードに立ちパドルをこぎ進む「スタンドアップパドルボード」(SUP)の体験教室。7月29日には東洋町外の親子向けSUP体験ツアーも実施します。一方、7月28日午後2時からは白浜海水浴場で東洋町納涼祭が行われ、小学生らを対象にした宝探しや花火大会などが開催されます。

7月29日にSUP体験親子日帰りバスツアー
 「ふれあい高新in東洋町」関連事業として、SUP(サップ)体験親子日帰りバスツアーの参加者を募集します。大きなボードに立ち乗りしてパドルをこぐマリンスポーツで、初心者でも楽しめます。また、地元の豆腐店が開くカフェで揚げたての厚揚げなどの昼食を味わい、海水浴場で夏祭りを満喫していただきます。

【出発日時】7月29日(土)JR伊野駅(午前8時)、高知新聞社(午前8時半)、道の駅「南国・風良里」(午前9時)出発
【行程】SUP体験教室、「のきしたカフェ」で昼食、「東洋町納涼祭」会場の白浜海水浴場で自由行動
※荒天など、天候の状況によってはツアーを中止することがあります
【旅行代金】1人6千円(SUP体験・昼食代含む、事前申し込みが必要)
【参加資格】小学4年生~中学生の子ども1人と成人の保護者1人の、2人一組で申し込むこと(子どもだけ、大人だけ2人の組み合わせでは参加いただけません)
【参加定員】10組20人
【申し込み、問い合わせ先】高知新聞観光(088・825・4334)


東洋町出身の歌手、円広志さん
東洋町出身の歌手、円広志さん
円さんコンサート
 7月30日午後2時から白浜海水浴場の防災避難タワー下特設会場で、東洋町出身の歌手、円広志さんが里帰りコンサート。終了後は、ふれあい高新を記念した人文字の撮影会を予定しています。期間中、東洋町自然休養村管理センターに移動編集局を開設。地元読者と本社幹部が意見交換する「夜なべ談議」、地元の小中学生が地域の未来を考える「こども談議」「ふれあい高新こども新聞」などとともに、さまざまなニュースを高知新聞の紙面で紹介します。このほか、日帰りバスツアーも準備中です。


【協賛】東洋町
【協力】東洋町教育委員会
    東洋町商工会
    東洋町観光振興協会
    東洋町社会福祉協議会
    東洋町有志の皆さん

関連記事

もっと見る

カテゴリー: ふれあい高新2017社会社会


ページトップへ