2017.06.18 08:30

高知県の中村高校センバツ支援委が解散 寄付金でバスを購入

 夏の高知県大会に向け、グラウンドで練習に打ち込む選手(高知県四万十市中村丸の内)
夏の高知県大会に向け、グラウンドで練習に打ち込む選手(高知県四万十市中村丸の内)
2017年春の第89回選抜高校野球大会に出場した中村高校(高知県四万十市)の野球部をもり立てようと、卒業生らで組織していた支援実行委員会がこのほど解散した。寄付金の残りを活用した記念碑制作などに道筋をつけた支援委メンバーは「地元の温かさをひしひしと感じた」と改めてセンバツへの応援に感謝。野球部には新入生の選手9人、マネジャー2人が加わり、夏の県大会に向かって汗を流している。 


 中村は40年ぶりに出場したセンバツの1回戦で強豪・前橋育英に1―5で敗れはしたものの、アルプススタンドや地元を沸かせた。スタンドを埋めた約6千人の一体となった応援は、出場32校の中から応援団賞の最優秀賞に選ばれた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: スポーツ教育幡多


ページトップへ