2017.06.19 08:25

高知県土佐清水市でウミガメ2017年初産卵 去年より1カ月遅れ

大岐の浜で今年初めて見つかったウミガメの卵(高知県土佐清水市)
大岐の浜で今年初めて見つかったウミガメの卵(高知県土佐清水市)
 アカウミガメの産卵地として知られる高知県土佐清水市大岐の砂浜で6月17日早朝、2017年初の産卵を地元の保護活動メンバーらが確認した。

 高知県内での初産卵は幡多郡黒潮町で5月7日に確認されたが、大岐では2016年より32日遅かった。メンバーは「2017年は高知県内全体で、例年になく産卵が少ない」と心配している。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 環境・科学幡多


ページトップへ