2017.06.01 15:00

マニー 帰ってきてね! 高知空港でファンら別れ惜しむ

ファンに見守られながら、出発ロビーを歩くマニー・ラミレス選手(6月1日午前、高知龍馬空港)
ファンに見守られながら、出発ロビーを歩くマニー・ラミレス選手(6月1日午前、高知龍馬空港)
 マニー、高知に帰ってきて! 高知ファイティングドッグス(FD)のマニー・ラミレス選手(45)が6月1日朝、空路離高した。高知龍馬空港には約30人のファンらが訪れ、約3カ月間、高知FDでプレーした元メジャー選手を見送った。

 マニー選手は午前6時15分ごろ、高知龍馬空港に到着。高知FDのボランティアスタッフらと記念撮影した後、ファンの声援に応え、羽田空港行きの便に乗り込んだ。

 マニー選手と複数回食事に行った同僚の岡田悠吾選手(19)は「超一流なのに学ぶ姿勢がすごかった。後期に戻ってきてほしい」と別れを惜しんだ。

 送迎デッキでは、涙ぐみながら「帰ってきて!」と叫ぶファンも。マニー選手が出場した公式戦全18試合を観戦した会社員、梅木真紀さん(51)=高知県土佐市=は「得点圏での打撃は本当にすごかったし、愛知の友人はマニーがいるからと3回、高知に来た」と振り返った。

 球団によると、前期ホームゲームの平均観客数は883人で、2016年同期の576人から53%増。物販売り上げは436万円と4倍に増えたという。

 高知FDとの契約は7月末までで、今後については交渉中。梶田宙社長は「たくさんのお客さんを喜ばせてくれた。選手も彼のうまくなりたいという気持ちに刺激を受けた。また一緒に戦いたい」と残留に期待を寄せた。

 マニーは6月1日午後の便で、アメリカに帰国する予定。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ