安保法制 関連記事



16年3月22日付・夕刊

防大卒業生の任官辞退増で防衛相が安保法成立の影響否定


 中谷元・防衛相は3月22日の定例会見で、防衛大学校卒業生の任官辞退者が2015年の2倍近かったことについて「平和安全法制の成立で辞退者が増えた、との指摘は当たらない」との認識を示した。

 2016年春の任官辞退者は卒業生419人のうち47人で、2015年の25人から大幅に増えた。

 中谷氏は防衛大学校の聞き取り調査の結果として、26人が他の仕事への就職を希望、身体的な理由で辞退した人が11人、進学者が6人いたことを説明。その上で「全員から聴取した結果、平和安全法制の成立に言及した者はいなかった」とし、安全保障関連法の成立の影響を否定した。

 辞退者の多さについては「卒業段階において自らの適性、進路を真剣に考え抜いた結果で、誠に残念だが、職業選択の自由が保障されている下にあってはやむを得ないと認識している」と述べた。

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ