安保法制 関連記事



16年2月20日付・朝刊

野党共闘へ期待 高知市で安保法廃止集会

安全保障関連法の廃止などを訴えた「ピースアクション」

 民主、共産など野党5党の党首が国政選挙で協力して政権打倒を目指すことを確認した2月19日、高知市内で開かれた安全保障関連法の廃止を求める集会で、参加者が「統一候補で参院選勝利を」と期待を込めた。

 集会を主催した「高知憲法アクション」の山崎秀一世話人は「昨年から高知・徳島で安保法をつぶすための選挙協力を仕上げる努力をしてきた。実現の日が近づいたかもしれない」と呼び掛けた。

 参院選の「高知・徳島」選挙区に無所属で立候補を予定している徳島市の弁護士、大西聡氏(52)=民主推薦=もマイクを握り、「志を同じくする人たちと協力し合い、国会の構成を変えないと、とんでもないところに行ってしまう」と訴えた。

 共産党の高知、徳島両県委員会は選挙協力の合意が成立すれば、公認候補を取り下げる構えを見せている。集会に参加した佐竹峰雄高知県委員長は高知新聞の取材に対し、「非常に画期的だ。(民主党と)協力できるという確信が強まった」と話した。

 【写真】安全保障関連法廃止を求める集会でマイクを握る大西聡氏(高知市の中央公園北口)

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ