安保法制 関連記事



16年1月25日付・朝刊

500回記念し拡大版ピースアクション 高知市 

安全保障関連法の廃止などを訴えた「ピースアクション」

 高知市の街頭で反戦や平和を訴える「ピースアクション」が500回を迎えたのを記念する「拡大版ピースアクション」が24日、高知市の中央公園北口で開かれ、安全保障関連法の廃止などを訴えた。

 平和資料館「草の家」の岡村正弘館長(78)が安保法に触れ「日本が攻められていないのに攻撃に参加できるようになった。危機的な状況になっている」とあいさつした。

 この日は、安保法廃止を求める署名や反戦を訴えるチラシ配布などに加え、5組がオリジナル曲のバンド演奏などで平和を呼び掛けた。演奏した学生団体「PEDAL」代表の横川和音さん(25)は「500回も続けざるを得ない状況に怒りを感じる」と話していた。

 「草の家」など3団体の主催で、約40人が参加した。

 【写真】安全保障関連法の廃止などを訴えた「ピースアクション」

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ