安保法制 関連記事



16年1月4日付・夕刊

安保法施行へ中谷防衛相「国民の理解・納得・共感を」 


 中谷元・防衛相=高知1区選出=は1月4日の閣議後会見で、3月までに安全保障関連法が施行されることを踏まえ、「国民の理解・納得・共感を得られるよう努力したい」と2016年の抱負を述べた。

 安全保障関連法の施行により、自衛隊員が海外で武器を使って国連要員らを救出する「駆け付け警護」などの任務が加わる。自衛隊は新任務の訓練にまだ着手していないが、中谷氏は「各種の準備・検討を慎重に積み重ねている。隊員の安全を第一に考えていきたい」と説明。国民の理解を深める努力を続ける考えも示した。

 このほか2016年の課題として、日米同盟の強化と沖縄県の基地負担の軽減▽各国との安全保障協力の推進▽防衛体制の強化―の3点を強調した。

 この後、中谷氏は防衛省幹部を前に「2015年は皆さんの支えでいろんなことが実現した。今年はそれを実行する年で、力を合わせて業務を遂行したい」と訓示した。

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ