安保法制 関連記事


議会記事

15年12月9日付・朝刊

佐川町が安保法廃止陳情を不採択

 高知県高岡郡佐川町議会12月定例会は8日、9月に成立した安全保障関連法の廃止を求める陳情を、反対多数で不採択とした。

 陳情は、住民有志でつくる「『うちの子もよその子も戦場に送らない』佐川町民の会」(橋元陽一世話人)が提出。総務文教委員会の審議では採択となっていた。

 本会議で討論が行われ、公明党の松浦隆起氏が、反対の立場から「テロなどの脅威は容易に国境を超える。(安保関連法は)専守防衛が目的。憲法9条の枠を超えるものではない」と主張。無所属の坂本玲子氏は「後方支援が可能になれば、戦争に巻き込まれ、テロの標的にもなる。憲法違反の法を廃止し、平和を求めたい」と賛成討論した。

 採決(欠員1)の結果、賛成5、反対7で不採択となった。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ