安保法制 関連記事


議会記事

15年10月2日付・朝刊

安芸市議会が安保法「廃止」を否決

 高知県安芸市議会9月定例会は1日、成立した安全保障関連法について廃止を求める意見書を賛成少数で否決した。

 共産党の川島憲彦氏が賛成者1人を得て提出。「各種世論調査でも、8割の国民が政府の説明が不十分とし、成立に反対の声が多数を占めていた。政府の対応や強行採決への根強い批判の表れ」と廃止を求めた。

 討論では共産党の安芸久美子氏が賛成の立場から「法は地球上どこでも自衛隊が武力行使できる仕掛けがあり、憲法9条をじゅうりんするもの。国民の声を無視して押し通した法は無効」と主張。反対討論はなく、採決の結果、賛成3、反対10の賛成少数で否決した。

 安芸市議会は6月定例会でも、安保関連法案の廃案を求める意見書を賛成少数で否決している。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ