安保法制 関連記事



15年9月28日付・朝刊

安全保障関連法「廃止を」  高知市で1000人が集会

安保法制の問題点を訴える呼び掛け人ら

 安全保障関連法の成立から1週間余り。全国各地で抗議や反対の集会が続く中、高知市でも9月27日、「戦争させない! 戦争に行かない! 憲法アクションinこうち」が開かれ、参加者が「法を廃止するまで闘い続けよう」と声を上げた。

 高知市の丸ノ内緑地で開かれた集会には、主催者発表で約千人が参加。民主、共産、社民の各党や政治団体、市民団体の代表ら11人がスピーチした。

 「こうち九条の会」事務局長の谷脇和仁弁護士は、今回の安保法を「憲法の改正手続きを経ずに9条をなくす、まさに違憲の立法だ」と指摘。「法を廃止し、集団的自衛権の閣議決定を撤回していくということで結集していこう」と呼び掛けた。

 「安保関連法に反対するママの会 高知」の中村水苗さん(34)も「安保法は成立したが、私たち母親は引き続き声を上げていくことを全国のママたちと確認した。『ママたちは諦めていない』という声を届け続けたい」と訴えた。

 集会は「高知憲法アクション」のほか、学生団体「PEDAL(ペダル)」など高知県内12団体が主催した。安保法に反対する集会に初めて参加したという保育士の女性(23)は「保育士として子どもたちを戦争に行かせたくない。少しでも力になりたいと思って参加した」と話していた。。

  【写真】「国民なめたらいかんぜよ」と声を上げる参加者たち(高知市の丸ノ内緑地))


  

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ